Archive for the ‘補助金制度は・・・’ Category

旭川市で太陽光発電を行うということは

旭川市では、太陽光発電システムをとりつけたお宅に対して、補助金を出しています。
ただし、受付期間や、申請できる人数に限りがあるため、いつでもだれでも補助金を受けられるということではないので、注意が必要です。
旭川市というと、寒い町として知られています。
日本中でもっとも寒さの厳しい場所なのではないかという気さえしますが、その旭川市でも太陽光発電はできないことではありません。
最近、企業が大規模に太陽光発電事業を行うことが増えてきましたが、ある雪国では雪国型太陽光発電を実行し、大成功を収めています。
最近では太陽光発電のカギを握るソーラーパネルが著しく進化していることにより、雪国に最適なソーラーパネルを選ぶことができるようになりました。
雪国ならではの積雪の問題は、ソーラーパネルの角度を調節することによって問題を解決しています。
すでに建っている家の屋根の角度を変えることは大変ですが、屋根に設置する際に、適切な角度にソーラーパネルをとりつけることは可能でしょう。
そうすることによって、旭川市においてもソーラーパネルに積雪させることなく、出てきた太陽光を採りこむことができます。
温度の影響を受けにくいソーラーパネルを使えば、さらに効率よく太陽光を集めることができます。
旭川市にも、いずれ春はやってきます。
雪解けを促す太陽光が出てくれば、ソーラーパネルにさんさんと光が降り注ぎ、発電の効率も上がってくることは間違いありません。
冬の厳しい条件のもとでも発電できるシステムを整えておけば、春から秋までの間、順調に発電してくれることでしょう。
現在、北海道では太陽光発電システムの取り付けに対して補助金は出していません。
ただ、旭川市で補助金が出ていることから、今後どんどん旭川市で太陽光発電が成功していく事例が増えれば、北海道全体に太陽光発電を採りいれる家が増えていき、補助制度も考え直されるのではないかと思うのでした。