マンション屋上に設置する

by admin

一般的な住宅向けのシステムとさほど変わらないようにも思える集合住宅の太陽光発電システムの導入ですが、メリットとデメリットを知っておくことで、安心して導入を検討することができます。

・メリット1.住宅向けと比較すると屋根が大きく、出力が大きいのソーラー・パネルを設置できます。

2.一般家庭よりも大出力の発電パネルを設置できるため、設置工事が思っているよりも安くできます。
業者でも集合住宅での、取り付けは大掛かりではあるけれど工事費用を安く済ませることができ、大変便利だといいます。

3.太陽光発電を大容量でできるので、地域社会への貢献にもつながる。
また、大容量なので蓄電池などの視点を考えておくと万が一のときの非常用電源の確保が可能です。

4.太陽光発電した電気を共用スペースなどで活用することで、更に売電価格がアップし副収入が入りやすくなります。

5.住宅向けと同じ条件で、国の補助金がもらえるようになったので、大変効率よく初期費用に対しての補助金が受けられやすいのです。

・デメリット1.一般的な住宅向けの太陽光発電システム製品をそのまま使えない場合や、特別な工事が必要な場合があるので、事前に業者にしっかり確認しておくことが大切です。
また、業者によっては工事においての対応がずさんなものや、メーカー保証外の工事を勝手に行われてしまう場合もありますので、確認することが大切です。
自分たちの意見を確認してから工事を実行してもらえるように、業者との打ち合わせを綿密に実行することが大切です。
必ずメーカー補償を受けられるようにして、万が一の修理などの補償を受けられるようにしておきましょう。

2.アパートそれぞれに事情がありますので、活用するときには必ず現場の確認を複数回実行することが大切です。
実際に屋根裏部分まで上がってもらえることで、設置する前にある程度の物件の状況を確認し、安心して工事を実行することが可能といえますので、確認を忘れないようにしましょう。

get( 'keyword', 3 ) ?>
get( 'comment', 3 ) ?>