Archive for the ‘寒い地域の太陽光発電’ Category

北海道における太陽光発電

北海道は、積雪量の多い少ないはあるにしても、冬には必ず雪が降るところと言っていいと思います。
そんな北海道は太陽光発電には向いていない気がしますが、最近では雪国でも発電できる太陽光発電システムが開発されてきていますから、これからは冬に雪が降るからと言って太陽光発電ができないということはないと思います。
実際、北海道で導入されている太陽光発電システムのうち、発電のもっとも大きな基盤となる太陽光パネルは雪が積もらないよう計算されて取り付けられています。
パネルの上を雪が滑り落ちる角度を綿密に測って取り付けられるそうで、これによりパネルの上に雪がかぶさり、発電できないということにはなりません。
太陽光発電ですから、晴れた日にもっとも発電するのは当然のことですが、意外なことに曇りの日も、そして雨の日も少しは発電するのだそうです。
北海道のような広い場所で太陽光発電を導入したら、なかなかいい働きをしてくれるのではないでしょうか。

get( 'keyword', 5 ) ?>
get( 'comment', 5 ) ?>