Archive for the ‘寒い地域の太陽光発電’ Category

日射量による札幌市の太陽光発電量の違い

札幌市では日射量による太陽光発電量の違いというものが多く注目をされています。
札幌市では実はあまり太陽光発電を行ってくる方が多くはありませんでした。
それは晴れている日が少ないと思われてきているからです。
実際に冬などは、雪などがかなり多くなっているものになっているのです。
雪が降るということはそれだけ曇りの日が多いというわけでもあります。
判断としてはなかなか難しいこともあるわけなのですが、
日射量の少なさという部分で札幌市の太陽光発電は避けられてきてしまっているのです。
ただし、その太陽光発電量と日射量を考えたうえでも、
現在では札幌市で多くのご家庭が太陽光発電を導入してきているのです。
そういった流れは、どんどんと続いてきているとも言われていますので、
特に注目をしてみていかれると良いのではないでしょうか。
ではなぜ日射量の少ない札幌市で、
太陽光発電が多く行われてきているのかと申しますと、
もちろんそれに理由というものがあるのです。
太陽光発電ですが、日射量はもちろん発電量に結びついてくるものになっています。
そしてそれに加えまして、気温というものがあるのです。
太陽光発電システムですが、実は高温に弱くなってしまっています。
もしも気温が高いような状況になりますと、
発電量が落ち込んできてしまうようになっているというわけなのです。
その点、札幌市はいかがでしょうか。
夏場でもかなり気温が低くなっていますので、
安心して太陽光発電が利用できるようになっているというわけなのです。
大きなプラスが札幌市でもあるわけです。
日射量をしっかりとカバーしてくれるでしょう。